2013年

1月

14日

祝☆成人式

スタッフ桜mamaです。

今日は成人の日でしたね。

成人の日を迎えられました皆様♪おめでとうございます。

今日は娘の習い事があり栄を歩いていたら「着物の綺麗なお姉さん♪」に何人かすれ違いました。

街の中で振り袖を着た人に会うってなんだか嬉しいですね。

 

それにしても、自分のときを振り返ると、20歳になるまで早かった!!

ところが、20歳すぎてからは1年1年がもっと早くすぎていきます(^^;)

この前ハタチ♪だったのに!?今年36歳になります☆

なんか当たり前に成人の日を迎え、結婚し、娘を授かり。。。

それって当たり前ではなく奇跡なんだ!と気づいたのは娘が1歳の時。

 

 

出逢いって、凄いな~と思う毎日ですが、

人生の分岐点、

娘を授かり大島先生、内田美智子先生に出逢わなければどんな生活してたんだろう??

 

ところで話を着物に。

今、日常で着物を着られる方ってずいぶん少ないですよね。

着物は特別な日に着る物になりました。

着物コンサルタントの資格を持っている私ですら、ほとんど着ません(^^;)

何かの行事のときだけになってしまいました。

 

そんな着物離れでだんだん職人さんがいなくなっていっています。

今日のような「晴れ」の日に着る着物は本当に高価なものです。

 

娘は来年七五三を迎えます。

その着物探しでも、私が結婚するときにはまだあった、「国産の長じゅばん」がほとんど無くなっていました。

歯止めのかからない着物離れとか、

絹を作り出す蚕そのものが育つ環境が農薬等でいなくなったとか。。。

こうして日々日本の職人さんが高齢のため辞められ技術が失われていくのか。。。と

京都へ行き、染元、織元、小物屋へ行くとそんな話ばかりです。

日本伝統の着物業界も切実です。

 

今、量販店で売られている振り袖の多くは、反物の絹も、染めも、縫製も、中国製でプリントです。

化学染料で染めています。

それでも、フルセット揃えるとなると高額です(^^;)

なので大切にしてくださいね♪

 

着物は無理でも、ファーストファッションと呼ばれるおしゃれで安価な洋服が売れる時代です。

私も利用しますが、実はその背景にコットンを作り出す農家さんが農薬や染料が原因で体を壊し年間2万人の方が亡くなる国もあります。

当然、化学染料を使って洗い流した水は川を汚染しそこに住む人の環境や健康を破壊しています。

 

そんな話を聞くとどうすればよいのか分からなくなる私がいます。

 

全部は無理でも、たまにちょっと試しに「本物」と呼ばれる物を手にとって見ることから始めれたら。。と思います。

 

20歳の私はこんなことまったく興味なかった。。。

こんな思想にたどり着いたのは、素敵な出逢いから。。。

 

「感動が人間を動かし

 出逢いが人間を変えてゆく・・・」by相田みつを

 

今週土曜日にある「弁当の日」講演会での感動が私を変えました。

どうかあなたにも素敵な出逢いを♪

ぜひ聴きに来て下さいね♪

 

詳しくはコチラ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    みわこ (火曜日, 15 1月 2013 20:01)

    はい。感動で私も変わりました。
    出来るだけ、多くの方に聞いて頂けるように尽力するだけ、です。